Lectures & Practicals

講義・実習等

創薬医学講座の講義・実習等

修士課程学生

修士課程学生は、2年間で、下記科目をすべて受講する。

 

博士課程学生

博士課程学生は、それぞれのバックグラウンドや目指すキャリアパス等を考慮し、メンターと相談しながら、下記より希望する科目を受講する。ただし、Layer 3 については、全学生が参加する。

年間スケジュールモデル (2019年度)

※ 「神経科学」、「知的財産経営学基礎」については、
1・2年目のいずれの年に受講しても良いこととする。

創薬医学講座 授業科目一覧 (2019年度)

2019.7.24

科目名 授業
形態
担当者等(敬称略) 配当
学年
開講
時期
本講座学生が
受講する回数
医科学専攻
修士課程に
おける単位
数および区分
本講座
学生
の受講
構造 創薬医学概論実習 実習 成宮、ディーン、櫻井、鶴山、平塚 1 4月・7月・1月 14~進捗状況による 5 必修科目
(医科学演習Ⅰ)
必要
人体解剖学 講義 山田重人教授(人間健康科学系専攻)、櫻井
(LIMS*と合同開講)
1 4-7月 15
実習 11
組織学 講義 組織学
[医学部 B4a 組織学]
(医学部講義を受講)
1 9-10月 19 2 選択科目 必要
実習 鶴山
(創薬医学概論実習と合同)
必修科目
(医科学演習Ⅰ)
に含める
必要
機能 生理学 講義 生理学Ⅱ
[医学部 B5a 生理学]
(医学部講義を受講)
1 10-11月 45 4 選択科目 必要
病理学 講義 病理学Ⅱ
[医学部 B9 病理学総論]
(医学部講義・実習を受講)
2 4-5月 30 4 選択科目 必要
病態 実習
生体システム・情報診断学 講義 鶴山、平塚 2 9-1月 15 2 選択科目 必要
実習
免疫学 講義 免疫学
[医学部 B8 免疫学]
(医学部講義を受講)
2 4月 28 4 選択科目 必要
神経科学 講義 神経科学
[医学部 B6a 神経科学]
(医学部講義を受講)
1or2 11-12月 42 6 選択科目 必要
実習 神経解剖学実習
[医学部 B6b 神経解剖学実習]
(医学部実習を受講)
1or2 11-12月 15 1 選択科目 必要
Layer1 220 30
ゲノム医学Ⅰ

ゲノム医学Ⅱ

(京都大学・マギル大学
ゲノム医学国際連携専攻)

講義 松田文彦教授、鎌谷洋一郎准教授(医学研究科)、藤本 ほか 1 4-7月 15

15

0 必要

(ⅡはⅠ受講者に受講を推奨する)

ゲノムインフォマティクス 演習 藤本 1 10-1月 15 2 選択科目 必要
Layer2 45 2
創薬医学演習 演習 成宮 2 9-12月 学生主体で計画する 5 必修科目
(医科学演習Ⅱ)
必要
Layer3 5
知的財産経営学基礎 講義 早乙女
(研究科横断型教育プログラム(2単位))
1or2 4-7月 15 0 必要
創薬医学概論 講義 早乙女 2 4-12月
(単発講義)
15 2 選択科目 必要
 English Gathering Session

 

【参考】2019年度より、「医学英語」が医科学専攻修士課程の必修科目となりました。

演習 櫻井  1~5  4-7月 週に1回程度。

学生主体で計画する

 0  –  積極的な参加を期待する
Layer4 30 2
合計 295 39

※「神経科学」、「知的財産経営学基礎」については、1・2年目のいずれの年に受講しても良いこととする。

※LIMS…充実した健康長寿社会を築く総合医療開発リーダー育成プログラム(http://www.lims.kyoto-u.ac.jp/

SUPPORTED BY

Copyright 2016 ©Department of Drug Discovery Medicine. All Rights Reserved.