Events / News

イベント情報
  • 2017.2.8

    成宮 周 講座主任が 青木友浩医学研究科准教授らと研究成果を発表しました。
    脳動脈瘤が進行する仕組みの一端を解明
    -過剰な炎症を起こす受容体EP2が働くメカニズムを特定、新薬開発に期待-
  • 2017.1.20

    実験医学 2017年2月号 Vol.35 No.3 に、成宮周講座主任、早乙女周子特定教授が共著者の記事が掲載されました。
    つながる、産と学の手
    「学」の視点ーアカデミアでの創薬シーズと人材のインキュベーション—京都大学の取り組みを例に【早乙女周子,寺西 豊,成宮 周 】

SUPPORTED BY

Copyright 2016 ©Department of Drug Discovery Medicine. All Rights Reserved.