Members

教員・学生・スタッフの紹介

網代 将彦(Ajiro, Masahiko)

平成28年度より創薬医学講座においてRNAスプライシング異常を標的とした創薬研究、および抗ウイルス化合物の研究に取り組んでいます。RNAスプライシングは遺伝子発現における基本的な制御機構の一つであり、その制御の異常は多くの遺伝病に関連しています。私はそれらスプライシング異常に起因する遺伝病に対し、スプライシング異常を選択的に正常化する低分子化合物の研究を行っています。現在、創薬医学講座支援講座である形態形成機構学教室・萩原教授によるSPREADDスクリーニング系( 下図)を応用することで、スプライシングに起因する多様な疾患に対して低分子化合物の評価を進めています。本手法からこれまで家族性自律神経失調症(FD)スプライシング異常に対する低分子化合物RECTASが取得され(Yoshida M et al. PNAS 112(9):2764-9)、さらに関連したスプライシング変異性疾患や深部イントロン変異に起因する偽エクソン等、様々な様式のスプライシング変異に本手法を応用することで、新規の高活性化合物の取得と応用可能な疾患の解析を進めています。選択的スプライシング制御をターゲットとした手法は新しいアプローチであり、これらの研究を通しスプライシング異常に起因する疾患の治療へと応用することを目指しています。
 

 

 

 

【略歴】

平成18年度

東北大学大学院 生命科学研究科・加齢医学研究所(修士)

 

平成21年度

東京大学大学院 新領域創成科学研究科・医科学研究所(博士)

 

平成22~27年度

米国立衛生研究所(NIH)(米・メリーランド州)研究員

 

(平成25~26年度 日本学術振興会 海外特別研究員)

 

平成28年度~ 京都大学大学院医学研究科 創薬医学講座 特定助教

 

【発表論文】

発表論文一覧(NCBI PubMed)

 

連絡先:〒606-8501
京都市左京区吉田近衛町 医学部C棟3階 形態形成機構学教室
TEL: 075-753-4341
EMAIL: ajiro.masahiko.6e(at)kyoto-u.ac.jp

網代 将彦(Ajiro, Masahiko)

  1. Wang X, Liu H, Ge H, Ajiro M, Sharma NR, Meyers C, Morozov P, Tuschl T, Klar A, Court D, Zheng ZM. Viral DNA Replication Orientation and hnRNPs Regulate Transcription of the Human Papillomavirus 18 Late Promoter. MBio. 2017 May 30;8(3). pii: e00713-17.  
  2. Ngoc NB, Okuno Y, Ajiro. M, Iida K, Denawa M, Yamamoto M, Sakamoto N, Kagechika H, Hagiwara M. Retinoid derivative Tp80 exhibits anti-hepatitis C virus activity through restoration of GI-GPx expression. J Med Virol. 2017 Jul;89(7):1224-1234.
  3. Ajiro M, Jia R, Yang Y, Zhu J, Zheng ZM. A genome landscape of SRSF3-regulated splicing events and gene expression in human osteosarcoma U2OS cells. Nucleic Acids Res. 2016 Feb 29;44(4):1854-70.  
  4.  Ajiro M, Tang S, Doorbar J and Zheng, ZM.  Serine/arginine-rich splicing factor 3 and heterogeneous nuclear ribonucleoprotein A1 regulate alternative RNA splicing and gene expression of human papillomavirus type 18 through two functionally distinguishable cis-elements.  J Virol. 2016 Sep 29;90(20):9138-52.  
  5. Wang P, Zhou Z, Hu A, de Albuquerque CP, Zhou Y, Hong L, Sierecki E, Ajiro M, Kruhlak M, Harris C, Guan CL, Zheng ZM, Newton AC, Sun P, Zhou H, and Fu XD. Both decreased and increased SRPK1 levels promote cancer by interfering with PHLPP-mediated dephosphorylation of Akt. Molecular Cell, 2014, 54: 1-14.

SUPPORTED BY

Copyright 2016 ©Department of Drug Discovery Medicine. All Rights Reserved.