Project

Sister Project

  • HOME
  • プロジェクトの紹介

Our Major Projects

これまでのMIC研究開発部門プロジェクト紹介

各プロジェクトは医療産業企業と京都大学との
対等の産学連携パートナーシップに基づき 自主的に運営される融合ユニット(ラボ)

  • TK Project

    中枢神経系制御薬研究ラボ

    プロジェクトリーダー
    中尾 一和 教授

    武田薬品工業株式会社との連携プロジェクトである「中枢神経系制御薬の基礎・臨床研究プロジェクト」は、中枢性肥満、統合失調症を対象とした創薬を行っていました。
    (2011年度~2015年度)

  • DSK Project

    がん創薬研究ラボ

    プロジェクト統括
    岩井 一宏 教授

    大日本住友製薬株式会社との連携プロジェクトである「免疫とストローマ制御によるがん創薬研究プロジェクト」は、がん領域における革新的な新薬や診断・治療法の実用化を通じた社会と科学界への貢献を目指し、2011年度(第1期開始)から2020年度(第2期終了)まで実施されました。

  • TMK Project

    慢性腎臓病研究ラボ

    プロジェクトリーダー
    柳田 素子 教授

    田辺三菱製薬株式会社との連携プロジェクトである「慢性腎臓病の革新的治療法を指向する基礎・臨床研究プロジェクト」は、慢性腎臓病とその合併疾患の克服をめざし、2011年3月(第1期開始)から2021年6月(第2期終了)まで実施され、田辺三菱製薬株式会社の社内プロジェクトへと引き継がれました。

  • SK Project

    精神疾患治療のための
    創薬・医学研究ラボ

    プロジェクトリーダー
    村井 俊哉 教授

    塩野義製薬株式会社との連携プロジェクトである「生きにくさ」の原因となる様々な精神疾患において認められる症状と脳神経ネットワーク異常の関連性の解明を進め、その解明を通じ、精神疾患治療のための知見を集積するとともに、これらの知見を活用することで新規創薬ターゲットを見出し、画期的な新薬の創製を目指します。

    More

  •  

    先端医療基盤
    共同研究講座

    (アライアンス・
    ステーション)

    執行責任者
    成宮 周 特任教授

    アライアンス・ステーション(Aステーション)は、京都大学とアステラス製薬がAKプロジェクトを通じて構築した臨床/基礎/創薬の連携体制を踏まえ、さらに進化させたプロジェクトです。先端医療基盤共同研究講座を実施基盤とし、あらゆる疾患領域を対象に複数の共同研究を実施することで、オープンイノベーションによる創薬研究を目指しています。

    More(学内限定)

  •  

    免疫老化学
    共同研究講座

    プロジェクトリーダー
    服部 雅一 教授

    小野薬品工業株式会社との共同研究講座である「免疫老化学講座」は、加齢関連疾患を対象とした基礎研究と創薬を行っています。

  •  

    認知症制御学講座
     

    プロジェクトリーダー
    上野 隆司 特任教授

    米国Cyn-K LLC.との連携プロジェクトである「認知症制御学講座」は、企業側共同研究者が米国で設立したVLP Therapeutics社のプラットフォームテクノロジーを使って、作製された認知症病因タンパク質を標的とするワクチンの認知症に対する効果を調べるとともに、脳の変性と老化のメカニズムを解明し、病気の進行具合にあわせた三種類のワクチンの開発を目指します。

  •  

    がん組織応答・創薬応用
    共同研究講座

    プロジェクトリーダー
    萩原 正敏 教授

    大日本住友製薬株式会社との共同研究講座である「がん組織応答・創薬応用共同研究講座」は、がん微小環境における免疫やストローマを含む細胞間応答を解析することで新たな創薬を図ります。また、DSKプロジェクト等で培った産学連携体制を基盤に、がん領域に加え、iPS細胞を用いた創薬など疾患領域を問わず独創的・画期的な治療薬等の早期創出を目指します。

Sister Project


  • AK Project

    京都大学 次世代免疫制御を目指す創薬医学融合拠点

    プロジェクトリーダー
    成宮 周 教授

    AKプロジェクトは、文部科学省 先端融合領域イノベーション創出拠点形成プログラムとして2007年度から2017年度に行われた、アステラス製薬株式会社との連携プロジェクトでした。次世代免疫制御薬の創製、ポストゲノム時代の創薬モデルの構築、新しい創薬人材の養成を目的としていました。

    概要 詳細 事後評価

Page Top